水インフラで社会を支える
いままでも これからも

社員インタビュー

①担当している仕事は?

主に配水管の設計業務を担当しています。設計地内の現地調査に行き、CADを使って図面作成と積算を行っています。


②仕事でやりがいを感じるときは?

調査、図面作成、積算といった一連の工程が完了するまでに半年以上を要する業務もあるため、全て終わった時は達成感があり、大きなやりがいを感じます。また、現地調査の際に地域の方から声をかけていただくことがあり、その時に地域に貢献できていることを実感し嬉しく思います。

③休日の過ごし方は?

友人や家族と出かけたり、家で映画をみるなどしてゆっくり過ごしています。入社後はコロナウイルスの流行で遠出ができていないので、落ち着いたら旅行にも行きたいと思っています。

④入社を希望される方へメッセージ

私は未経験での入社でまだまだ勉強中ですが、設計の仕事はデスクワークと現場の両方から学ぶことができるところが面白いと思います。また、少人数の会社なので社員同士や社長とも距離が近く、困ったことがあればすぐに相談でき、意見を言いやすい環境です。設計の仕事やCADの使い方についても一から丁寧に教えてもらうことができるので、興味がある方は是非一緒に働きましょう。

①担当している仕事は?

主に上水道及び下水道の設計業務をしています。踏査・測量等の現地調査に始まり、CADソフトを用いての図面作成、工事に要する費用を算出するための積算作業といった一連の業務を担当します。内業・外業を隔てなく行うため覚えることも多いですが、幅広い知識が身に付き、飽きのこない仕事です。

②仕事でやりがいを感じるときは?

最もやりがいを感じる瞬間は、自身で設計したものがインフラとして稼働していると実感できたときですね。上水道や下水道といったものについて、それ自体を実際に目にする機会はほとんどないとは思いますが、生活の上では欠かせないものです。「縁の下の力持ち」ともいうべき、人目にはつかないけれども社会の役に立てる仕事として、日々誇りに感じています。

③休日の過ごし方は?

土日祝日がしっかりと休める職場というのは、やはり嬉しいですね。デスクワークが多くなる時期もあるため、リフレッシュは欠かせません。多趣味なこともあり、いろいろなことに使わせていただいています。仕事中に見つけた美味しい料理屋を巡ってみたり、設計した現場のその後が気になってドライブに行ったりもします。

④入社を希望される方へメッセージ

建設コンサルタントという業種、また設計業という言葉に漠然とした難しさを感じることと思います。もちろん簡単な仕事というわけではないですが、だれもが最初は全くの未経験からのスタートですので、しっかりと段階を設けた指導環境が整っています。上司・先輩社員の下で一から技術者としての道を目指せます。


人々の生活基盤を担う水インフラと深く関われる仕事であるため、大きな責任と同時に大きなやりがいが得られることがこの仕事の醍醐味です。今までも当たり前のように接してきた水インフラを仕事としての視点から見直すことで、改めてその必要性や有難みを感じて頂けるものと思っています。これから先も、欠くことのできない「水との共生」。その礎をともに築いていきましょう。